神奈川で刺青・タトゥー除去するなら、美容外科・美容整形の横浜中央クリニック

受付時間9:30−20:00 0120-072-545受付時間9:30−20:00 0120-072-545

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  • ホーム > 
  • 単純切除(1回で切除縫縮)

単純切除(1回で切除縫縮)

早く、完全に刺青・タトゥーを消せる治療法です。
刺青を切除し、皮ふを伸ばして縫い合わせます。刺青のデザインによって傷跡が直線であったり、ジグザグであったりしますが、いずれも仕上がりは一本の傷になります。
同じ刺青の切除も、工夫することで出来上がりの傷の形を変えることができます。これらはケースバイケースで使い分けていき、常にどれが優れているというものでもありません。どうしたら傷が服に隠れるか、皮ふに余裕をもたせるにはどうしたら良いか、まさに形成外科医のセンスが問われる一瞬です。
隣り合った皮膚を移動させることで皮膚の足りない所を覆う、皮弁形成術がよい適応であればこれを行います。
さらに腕や太ももといった丸みがあり、比較的脂肪のある場所では、傷跡がボンレスハムのような不自然なくびれを呈することがありますので、このようなリスクのある時も皮弁形成術(Z形成術)を加えることで予防していきます。
  • 時間が経つとくびれてくる
  • Z形成を加えた傷
気になるポイント!
施術時間は長い?・・・・名刺サイズ(約50cm2)で40分前後です。
お風呂は入れるかな?・・翌日よりシャワーは可能です。入浴は抜糸翌日から可能です。
通院は必要なの?・・・・抜糸を行うため、7~10日に通院が必要です。
処置が必要なの?・・・・お渡しする軟膏をシャワー後などに抜糸の日まで塗るようにしてください。抜糸後は傷痕が広がらないようにテープ固定を2ヶ月ほど続けてください。

施術面積を測る

必ず切り取るべき皮膚面積(色のある、ないは問わない)を測ります。傷をきれいに仕上げるために切り取る正常皮膚部分や、皮弁術を行う際の補助切開は面積に加えません。

(例)トライバルタトゥーの場合
切除の場合、デザインに沿って入り組んでいる正常皮膚も一緒に必ず切り取りますので、基本的には四角形で計算します。(縦)×(横)で計算します。
2×5 = 10cm²となります。
(例)少し離れた位置のデザインの場合
1つを(縦)×(横)で計算し、2つありますから倍にして(2×2)×2 = 8cm²となります。

単純切除って正常な皮膚もいっぱい切り取るイメージだったけど、面積の測り方は刺青の部分だけでいいんですね。

よくわかんないけどなんだか得した気分♡

実際にはきれいに仕上げるためここで測った面積の1.5〜3倍の面積を切り取りますが、費用計算に利用する面積はあくまでも最小切除範囲という便宜上の面積を採用しているため、どんな切除デザインを医師が考えても費用には影響しません。

これでおよその面積が測れたと思います。
次は、この面積をもとに、実際の施術費用を計算しましょう。

施術費用を計算する

横浜中央クリニックの刺青・タトゥー除去「写メール・カウンセリング」

横浜中央クリニックでは、写メールでのカウンセリング、料金案内も行っております。 相談されたいご自分のタトゥーや傷痕を、体のどの部位のものかも分かるよう撮影し、写真をお送りください。
下記QRコードからメールアドレスを読み取り、写真を添付してメール送信してください。ご希望の治療法をご記載ください。(レーザー治療、切除、植皮など)

<注意>

メールには、下記必要事項を明記の上お送りください。
①刺青・タトゥーが入っている部位
②刺青・タトゥーのサイズ
③刺青・タトゥーの色
④お住まいの都道府県名
⑤お名前(フルネーム)
⑥年齢
⑦性別
⑧ご連絡先電話番号

また、ドメイン指定拒否や、パソコンからのメールを受信しない設定にしている方は、本サイトのドメイン(irezumi-yokohama.com)を解除した上でお送りください。
写メールカウンセリングのご依頼が増えております。2~3日経ってもご連絡がない場合は、フリーダイヤル0120-072-545までご連絡下さい。

今すぐ、ご来院予約・ご相談したい方はこちら!

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

PAGE TOP